育毛剤のデメリット

抜け毛や薄毛、ハゲなどで悩む人の強い味方である育毛剤は、最近ではさらに研究も進み、数多くの種類やタイプが販売されています。白髪で悩む人にはヘアカラーなどの即効性のある商品がありますが、残念なことに抜け毛や薄毛、ハゲなどで悩む人には、改善するための育毛剤は数多くありますが、ほとんどの育毛剤は効果を得るのに時間がかかってしまいます。多くの育毛剤は効果を実感できるのに約3ヶ月から半年かかると言われており、頭皮や髪の毛に合っていない場合はそれだけ長く使用しても効果が得られない場合もあるというデメリットがあります。また、自分の抜け毛や薄毛の原因に合ったものでも、配合されている成分が肌に合わないなど、効果を得る前に肌トラブルなどを起こしてしまい、継続できなくなってしまう場合もあります。育毛剤を選ぶ際には、自分の抜け毛や薄毛のタイプに合ったものを選ぶだけでなく、肌に優しい成分で作られている育毛剤を選ぶことも、長く継続して使用するためのポイントとなります。


育毛剤で起こる副作用

育毛剤は、頭皮の環境を整える以外に、毛根に働きかけて抜け毛を予防したり、発毛サイクルをよみがえらせてくれる働きを持っているものなど様々です。髪の毛の悩みである抜け毛を改善して新しい髪の毛が発毛してくれるのは嬉しいことですが、頭皮や毛根にそれだけ大きな作用をもたらす働きかけをするには、それなりに強い成分を配合した育毛剤が必要になります。育毛剤での副作用で代表的なものには「プロペシア」と「ミノキシジル」が上げられます。「ミノキシジル」は聞いたことのある人もいるかもしれません。ミノキシジルによる副作用には、頭皮のかぶれ、湿疹などが多く報告されていますが、中にはからだのむくみや発汗、頭痛などを起こす人もいると言われています。「プロペシア」は、ミノキシジルに比べたら副作用は軽いといわれており、「頭皮のかゆみ」が副作用としてあげられています。しかし、中にはまれに「胃部の不快感」などの副作用が起こる場合もあるようで、これらの成分を含んでいる育毛剤を使用する際には注意が必要です。育毛剤は一度衰えてしまったヘアサイクルを蘇らせてくれる画期的なアイテムですが、それと共にリスクも出てきてしまうでしょう。